侍に憧れている友達へのプレゼント

侍に憧れている友達へのプレゼント

時代は空前の戦国ブーム。そんな中、戦国武将に憧れている友達も多いのではないだろうか。「俺、今の仕事を辞めて侍になろうと思っている」そんな相談を持ちかけられた時に、友達として素直に応援してあげるのはチョット待ってほしい。現代に日本において「侍」という職業はない。もし収入を得たいのであれば、「時代劇役者」を目指すか、地方PRのために活動する「武将隊」等に属するより他はないだろう。

侍への憧れはどこから生まれているのか

侍への憧れを抱いている友達がいたとしよう。その友達が、一体どのようにして憧れを抱くようになったのかを考えてみてほしい。もし、漫画やアニメ、ゲーム、大河ドラマ等を見て戦国武将に憧れたのであれば、その友達は侍に対する認識が甘い可能性がある。

もちろん侍に憧れるのは悪いことではない。私も戦国武将は好きだ。もちろん「にわか」だし、少しゲームを嗜む程度だ。しかし、もし本気で友達が侍を目指しているのであれば、新渡戸稲造の「武士道」 や、宮元武蔵の「五輪書」といった本を薦めてみてほしい。侍の奥深さを知ることができると思う。

もし友達が私と同じように「にわか」の侍好きであれば、楽しく侍気分を味わえるアイテムの方が喜んでもらえると思う。にわかにとって大事なことは、「まずは見た目から入る」ということだ。

好感が持てる日本の戦国時代の武将ランキング(gooランキング)を見てみると、有名な武将がランキングの上位を占めている。これら上位の武将が好きな友達であれば、「織田信長 グッズ」等の検索ワードでググってみると、その武将に関するアイテムが見つかるかもしれない。

ちょっぴり侍になった気分が味わえるアイテム

「友達が好きな武将なんてわかんねーや」という方や「友達はどの武将に対しても公平だ」という方は、どんなプレゼントを選べばよいか迷ってしまうだろう。

無難に選ぶのであれば、「戦国武将の家紋入り湯呑み」なんかもいいかもしれない。でもそれじゃあ少しインパクトに欠けてしまう。そんな方にお勧めなのが「Samurai Umbrella(サムライアンブレラ)」という傘だ。

実はこの「Samurai Umbrella」という傘には、ショルダーストラップが付いている。このショルダーストラップを背中にかければ、忍者気分も味わえるという優れものだ。

一見ジョークグッズのように思えるが、柄の部分は持ちやすく滑りにくい。実用性を兼ね備えた傘なので、侍に憧れている友達にも喜んでもらえるのではないだろうか。

関連記事

ページ上部へ戻る