すぐに鍵をなくしてしまう友達へのプレゼント

すぐに鍵をなくしてしまう友達へのプレゼント

すぐに鍵をなくしてしまうという友達が周りにいないだろうか。私も鍵をなくしたことは何度かあるが、結構大変なことになる。部屋の中で鍵をなくしたのであれば探せば見つかるかもしれないが、外出先でなくしたのであればそう簡単にはいかない。まず鍵をかけ忘れていないかぎり家に入れない。開いてる小窓から入ろうとすると、近所の人に警察を呼ばれてしまう。そうなると、色々と面倒なことになってしまうのだ。

鍵をなくさないようにするためには

鍵をなくさないようにするために必要なこと。それは決して「運」なんかじゃない。生まれつきの「才能」でもない。鍵をなくさないために大切なことは「鍵をなくさないようにしようという強い意志」だ。

しかし、いくら強い意志を持っていたとしても、誰にでも「うっかり」はある。その「うっかり」を最小限に抑えるためには、鍵を置く場所について考えおく必要がある。

鍵をなくしてしまう人に多いのが、鍵を置く場所が定まっていないという人だ。「部屋の中でも鍵を置く場所をきめていない」「外出するときも、鍵を適当にカバンの中に放り込んでいる」こういった人がよく鍵をなくしてしまうのだ。

部屋の中でも外出するときでも、鍵をどこに保管しておくのかしっかりと決めておくことが、鍵をなくさないための第一歩だ。もちろん鍵単体では小さすぎてなくしやすいので、何かキーホルダーのような物を付けておくのも忘れないようにしたい。ちなみに私は、大好きなシナモンロールのストラップを鍵に付けて愛用している。

鍵をなくしてしまったときの対処法

それでも外出先でうっかり鍵をなくしてしまったという場合には、慌てずにきちんと対処する必要がある。拾われた鍵が勝手に使われる可能性もあるので、スペアキーを持っていたとしても安心してはいけない。

そこで、鍵をなくしてしまったときの対処法について紹介していきたい。

1.管理会社に連絡する

賃貸住宅で生活している場合は、まず管理会社に鍵をなくしたことを連絡する必要がある。そこで合鍵を手配してもらったり、今後の対応について管理会社の指示に従うことが重要だ。

2.警察に届け出る

最寄の交番で鍵の紛失届を出しておこう。紛失届を出しておけば、もし拾得物として届けられたときにはちゃんと警察で保管される。

3.鍵屋に連絡する

賃貸住宅で管理会社と連絡が取れない場合は、24時間対応の鍵屋に連絡しよう。番号がわからなければ、公衆電話のタウンページで探したり、友達に連絡をとって番号を調べてもらうこと。

4.とりあえず一旦落ち着く

落ち着いて何処でなくしたのかもう一度考えて見よう。もしかしたら、ポケットの中に入ってるかもしれないし、今あなたの手に握られているモノが「鍵」そのものなのかもしれない。混乱すると、当たり前のことがコントのように起こりうるので、とりあえず一旦落ち着こう。

すぐに鍵をなくしてしまう友達に喜んでもらえそうなアイテム

すぐに鍵をなくしてしまう友達へのプレゼントには、一体どのようなものを選んだらよいだろうか。キーホルダーやストラップでも良いと思うが、普通のキーホルダーやストラップではちょっと頼りないかもしれない。

友達が鍵をなくさないためには、鍵をなくさないように意識できるアイテムが必要だ。そこでまず最初に紹介したいのが、「KITTY KEY FINDER LED(キティキーファインダー)」というキーホルダーだ。

この「KITTY KEY FINDER LED」というキーホルダー。二回以上手を叩くと、音に反応して「ニャーニャー」と鳴く。鍵をなくしたときに近くに鍵があるのであれば、音ですぐに発見できるという優れものだ。ただしバッグに入れて持ち運ぶときは反応するとウルサイので、スイッチをOFFにしておく必要がある。

さらにこの「KITTY KEY FINDER LED」には、LEDライトまで付いている。耳のボタンを押せばライトが点灯するので、暗い玄関で重宝すること間違いなしだ。

次に紹介したいのが、「Qualy Sparrow Key Ring(クオリースパローキーリング)」というキーリングだ。

この「Qualy Sparrow Key Ring」の巣箱を玄関に設置しておけば、鍵を巣箱に戻すという行為が習慣となり、家でで鍵をなくしてしまうことがなくなるだろう。カラーバリエーションも豊富で、友達の好みに合わせて選ぶことができる。見た目も可愛くて友達もきっと癒されることだろう。

鍵をなくしてしまったら、正直シャレにならない気持ちになる。そうならないためにも、このようなアイテムを友達にプレゼントすれば、鍵をなくさないように意識を高める「きっかけ」になるかもしれない。すぐに鍵をなくしてしまう友達へのプレゼントとしてお勧めだ。

関連記事

ページ上部へ戻る