よく遅刻をしてしまう友達へのプレゼント

よく遅刻をしてしまう友達へのプレゼント

学校や職場で「あいつはいつも遅刻してくる」という友人はいないだろうか。私の周りにはそんな人物はいなかったが、私は毎日のように遅刻していた。そんな人に「どうして遅刻してくるんだ」と尋ねれば、上手く言い訳を作って逃れるかもしれないし、「朝起きれないからだよ」と正直に答えるかもしれない。どちらにしろ朝起きれないのであれば、その根本的な部分を直すことが遅刻を繰り返さないための第一歩だ。

どうして朝起きれないのか

まず、どうして朝起きれないのかについて考えてみたい。私の場合は「緊張感の無さ」が遅刻を引き起こす大きな要因だったと思う。

学生時代であれば、自分が遅刻しても怒られて終わり。別に誰かに多大な迷惑をかけるわけではないという甘い考えがあった。しかし、映画館の映写師として働いていた頃は、一度も遅刻をしたことがない。映画館でお客さんが上映を待っているのに、いくら待っても映画が流れないのというのは、さすがにシャレにならない。

「緊張感の無さ」が常習化しているのであれば、その事柄に自覚的に「緊張感」を作るのは難しい。その場合は、生活習慣を見直したり、早く起きれるようになるための意識改革をしなけらばならない。

まずは、生活習慣を見直してみよう

朝起きれない理由として、寝不足が原因(夜きちんと眠れない)の人が圧倒的に多いらしい。「寝る前の食事やカフェインは駄目」というのはよく聞く話だが、パソコンやテレビ、スマホが発する「ブルーライト」も寝る前に見ていると体内時計を狂わせるので、不眠の原因になるといわれている。

早く起きれるようになるための意識改革

朝は眠い。眠いものは眠い。ならばいっそのこと開き直るべきだ。「あと3分ルール」なんて通用しない。あと3分経ったところで、眠いことには変わりないのだ。いっそのこと目が覚めたらその瞬間に何も考えずに起き上がったほうがいい。大丈夫、やればできるさ。

このように口で言うのは簡単だが、実際には朝起きるのは難しい。朝起きれるようになるには自らの意識を変えなけらばならない。そんな朝起きれない人にお勧めしたい本がある。

私が尊敬する俳優の一人、哀川翔さんが書いた「早起きは3億の徳 」という本だ。この本には早起きの素晴らしさがギッシリ詰まっている。是非とも朝起きれない友人にも勧めてみてほしい。

遅刻を減らすお手伝いをしてくれるアイテム

よく遅刻をしてしまう友達へ「目覚まし時計」をプレゼントするのもいいかもしれない。ただし、普通の目覚まし時計をプレゼントしたところで、遅刻の常習犯が劇的な進化をとげるとは思えない。

いつも遅刻をしてしまう友人には、ある程度の荒療治が必要だ。そんな時にお勧めしたいアイテムが「TOCKY touch(トッキータッチ)」という目覚まし時計だ。

この「TOCKY touch」は、一見丸い形をした普通の置時計だが、朝のセットした時間になると音を鳴らしながら部屋中を逃げ回る。こいつを止めるためには、朝からちょっとした運動が必要になるのだ。

MP3や音声録音で、好きな音楽を流すことができる。ただし聞き入ってしまうような曲だと意味がないので注意しなければいけない。「TOCKY touch」には、紹介動画もあるので参考にしてみてほしい。

さらにもう一つ紹介したいアイテムがある。それは、「ON-TIME(オンタイム)」という掛け時計だ。

この「ON-TIME」という掛け時計、一見普通の掛け時計だが、実は針先が曲がっていて常に3分先の時間を刻んでいる。これさえあれば3分前行動が習慣として身に付くかもしれない。

よく遅刻をしてしまう友達には普通の目覚まし時計よりも、個人的には少しインパクトのある時計をお勧めする。実際にこれらのアイテムで朝起きれるようになるかどうかは本人次第だが、インテリアとしてもオシャレなのできっと喜んでもらえると思う。

関連記事

ページ上部へ戻る