カップ麺ばかりを食べている友達へのプレゼント

いつもカップ麺ばかりを食べている友達へのプレゼント

「あいつはいつもカップ麺ばかりを食べている」周りにそんな友人はいないだろうか。もしも、そんな友人が近くにいたとしても、安易に「カップ麺」をプレゼントとして選んではいけない。カップ麺には数多くの種類があり、相手の好み(メーカーや味付け)を把握しておかないと、適当に選んだカップ麺では満足してもらえない可能性が高い。そもそも、カップ麺ばかり食べているからといって、その人が「カップ麺好き」とは限らないのだ。

カップ麺ばかりを食べている人間は、2種類に分類することができる

カップ麺ばかり食べている人が、カップ麺好きだとは限らない。カップ麺ばかりを食べている人間は、大きく分けて2種類に分類することができる。

1.心からカップ麺を愛していて、いつもカップ麺ばかりを食べている人間

2.お金がない、もしくは自炊が面倒だから、仕方なくカップ麺を食べている人間

この2種類のうち、前述の場合は「カップ麺」をプレゼントとして選んでも喜ばれるかもしれない。しかし後述の場合は「おいちょっと待て…、なんでカップ麺なんだよ」と、おそらく喜んではもらえないだろう。

だけど心配しなくても大丈夫だ。この2種類のタイプ、実は簡単に見分けることができる。まずは、いつもカップ麺ばかり食べている友達の顔をよく観察してみてほしい。

食べながら表情に笑みが零れていたり、「はぁ~、うまっ」など言葉を自然と発するようであれば、おそらくは前述のタイプだ。しかし食べている時の表情が無表情、もしくは険しい場合、スープを残したりしている場合は後述の可能性が高いだろう。

カップ麺ライフをより快適にするためのアイテム

いつもカップ麺ばかりを食べている人間には2種類のパターンがあると書いたが、両パターンに共通して言えることは「いつもカップ麺ばかり食べている」ということだ。そのことも踏まえ、たとえカップ麺が好きでもそうでなくても、どちらのタイプでも喜んでもらえそうなアイテムがある。

それは、カップ麺のフタを押さえるアイテム。その名も「Cupmen(カップメン)」だ。

いつもカップ麺ばかりを食べている友達。その友達にとって一番辛いことは何か。それはおそらく完成を待つ間の「3分間」という時間との戦いだろう。この「Cupmen」は、その空腹の3分間を供に戦ってくれる心強い味方だ。

「ここは俺に任せろ!」と言わんばかりに、健気にフタを押さえていてくれる。温度で色が変わっても決してその役目を投げ出すことはない。

実はこの「Cupmen」には、「Cupwomen(カップウーメン)」という女子バージョンも存在する。一人寂しくカップ麺ばかり食べている彼女がいない男友達にも嬉しいアイテムだ。

いつもカップ麺ばかりを食べている友達へのプレゼントを探しているのであれば、この「Cupmen」「Cupwomen」を贈り物として検討してみてはいかがだろうか。

関連記事

ページ上部へ戻る