恥ずかしいからプレゼントはさり気なく贈りたい

恥ずかしいからプレゼントはさり気なく贈りたい

「友達の誕生日が近いんだけど、今までプレゼントなんて渡したことないし、そういうの何か照れくさい」という方はいないだろうか。実は私がそういうタイプの人間だ。友達の誕生日を祝ってあげたいけど、面と向かって「はい、これ誕生日プレゼントだよ♪」なんて、私にはどう考えても恥ずかしくて無理な話だ。「おめでとう」の一言さえ冗談まじりでしか言えないというのに。

さり気なくできるプレゼントについて考えて見た

とりあえずプレゼントにはどんな物がいいだろうか。気持ちに不器用であれば、何かユニークなアイテムを選んだ方がいいかもしれない。ユニークなアイテムであれば、予想以上に感謝されても「ああ、何か面白そうだったから買ってみた」とでも言っておけば、目線を逸らして照れから逃げることができる。

特に感謝されることに慣れてない人は、顔が赤くならないように注意が必要だ。照れから逃げようと目を逸らしても、顔が赤くなってしまえば「べ、別にお前の喜ぶ顔が見たくて、プレゼントしたわけじゃないんだからね!!」感が出てしまう。さすがにそれは恥ずかしい。

次にプレゼントの渡し方だが、いくら気持ちに不器用だからといってもプレゼントを渡す時はきちんと手渡しした方がよいだろう。プレゼントをこっそり友達の部屋など置いておくと、そのうち「あのプレゼントおまえがくれたの?」と聞かれるかもしれない。

そのときに恥ずかしがって「お、俺じゃねーし」なんて答えてしまうと、友達にとって誰がくれたかも分からないプレゼントになってしまう。そんなプレゼントなんて、ただ単に気味が悪いだけだ。

プレゼントは物だけとは限らない

プレゼントは物だけとは限らない。相手に気持ちが伝われば、どんな些細な事でもプレゼントに変わる。「友達に何か物を渡すのはチョット…」という人は、友達を飲みや食事に誘ってみてはどうだろうか。

飲みや食事で友達との時間を楽しんで、会計のときに全て自分が出してあげる。それだけでも立派なプレゼントになる。ただし飲食の前に「今日は俺のおごりだから、遠慮せずに注文しろ!」なんて絶対に言ってはいけない。そんなこと言われたら友人は気を使うだろうし、上から目線で言われている感じがして嫌だ。

あくまでも誕生日の事には触れずに、スマートに支払いを済ませればそれでいい。「えっ、何で?おごってくれるの?」と聞かれたら、「だってお前、誕生日だろ?」ってストレートに言ってしまってもいいし、「自分の胸に聞いてみな」と誤魔化してもいい。

ただし、注意しておくべきことが一つだけある。プレゼントとして飲みや食事をおごってあげる場合、必ず家に財布を忘れないようにしなければならない。

支払いで友達がお金を出そうとした時に「ああ、いいよ今日は。誕生日だろ?」と言って止めておいて、「ごめん、実は財布を家に忘れてきました♪てへっ(・ω<)」なんて、もはや恥ずかしいだけでは済まないだろう。

もう一度だけ言う、友達におごってあげるときは財布を絶対に忘れるな。きっと惨めなことになる。経験者が言うのだから間違いない。

関連記事

ページ上部へ戻る