今は友達だけど本当はあなたのことが好きなのです

今は友達だけど本当はあなたのことが好きなのです

「だったらもういっそのこと、告っちまえよ」と言いたくなるかもしれないけど、きっと実際にはそんな簡単なことではない。たいして知らない人であればまだいいが、友達であればそれなりにお互い築きあげてきた関係がある。その関係が何かのきっかけで崩れてしまうことは、双方にとってかなり辛いことだろう。

友達に好きだという気持ちを伝えるべきか否か

告白するかどうかは当の本人が判断するしかない。「このまま友達という関係を続けるのか」「リスクを背負ってでも告白するのか」どちらが正しいとか、どちらが幸せになれるとか、そんなことは誰にもわからない。

友達を続けるという選択肢を選べば関係は壊れないが、どちらかが告白しなければ付き合えることはない。思いきって告白すれば付き合えるかもしれないが、関係が壊れる可能性もある。

私の場合は、性格的に不器用だから我慢できなくなって後者(告白)を選ぶ。失敗して関係が崩れることもあるけど、自分の気持ちに嘘はつけないので仕方がない。どうしようもない事だってあるのだと開き直るしかない。

友達だけど好きな人へのプレゼント

告白するしないは置いといて、好意を寄せる異性の友達に贈るプレゼントについて考えてみたい。

基本的には恋人ではなく友達という関係なので、気持ちが重く感じられるプレゼントは避けるようにした方が無難だろう。例えば高価な指輪とかネックレスだとか、好意を寄せる友達でもプレゼントとしては不自然だと思う。

いくら自分を意識して欲しいからといっても、プレゼントは相手をその気にさせるためのエサではない。そもそもプレゼントの中身で気持ちが動く相手であれば、付き合ったとしてもきっと長続きしないだろう。

プレゼントには相手が喜びそうな物で、あまり高価ではない物を選んだ方が良いかもしれない。相手がちゃんとした友達であれば、プレゼントの中身(高価さ)で告白の成功率が上がるとは思えないし、正直プレゼントなんて用意しなくても付き合えるときは付き合える。

プレゼントを渡して告白するタイミング

プレゼントを渡して告白する場合、そのタイミングには気をつけた方がいい。というのも私は誕生日などの記念日に告白するのは正直どうかと思っている。

誕生日は一年に一度の記念日で、その人がこの世界に生まれた大切な日。そんな日に好きでもない友達から告白されて、せっかくの誕生日が気まずい雰囲気になってしまっては可哀想だ。

誕生日に告白が成功すれば、相手にとって思い出に残る素晴らしい日になるかもしれない。だけど、告白が成功する保証なんてどこにもない。相手のことを考えるならば、誕生日などの記念日とは別の日に告白することを私はお勧する。

最後にもう一度だけ言っておきたいこと

告白するしないも本人次第。人を好きになる気持ちは尊いものだけど、その相手を思いやる気持ちも決して忘れてはいけない。告白するには勇気がいるけど、友達だからこそ断る側はもっと苦しいこともあるのだから。

これから告白しようとしている人へ。残念ながら私には告白を成功させるような秘策のアイデアは持ち合わせていない。だけど告白した人には心から「よく頑張った」と言いたい。

たとえ失敗したとても、全力でぶつかったのであれば何も恥じることはない。むしろ誇りに思うべきだ。

関連記事

ページ上部へ戻る