プレゼントの価値を自分で計ることはできない

決してプレゼントの価値を自分で計ることはできない

プレゼントの価値はどうやって決まるのだろうか。

金額で決まるのだろうか?金額で決まるのであれば、それはもはやプレゼントではなくただの貢物だ。自分が素晴らしいと思った物?相手に共感を求めるのであれば、それはプレゼントというよりもただの自己満足だ。一般的に人気のあるアイテム?無難な選択で事なきを得たいのであれば、それは相手の感情に対して臆病なだけだ。

プレゼントの価値なんて相手が決めること

プレゼントの価値は貰った相手が決めること。こちら側で計ることなんてできない。だから私たちはプレゼントを選ぶ時に「どんなプレゼントをすれば喜んでくれるのだろうか」といつも悩んでしまう。結局は相手が喜びそうなプレゼントを推測で探すしかない。

「じゃあ、最初から相手に何が欲しいか聞けばいいじゃないか」

そういう意見もあると思うし、その方が上手くいく場合だってあるのかもしれない。でもプレゼントには、相手が喜びそうなものを考える時間も含まれているのだと私は思っている。

私はプレゼントを選ぶときによく迷う。迷った末に渡したプレゼントが、心から喜んでもらえたのか私にはわからない。(見た感じでは喜んでくれている)

でも私はそれでいいと思う。「なんだこれ!」って笑ってくれてもいいと思う。

気持ちが少しでも伝わればそれでいい。相手のことを考えて選んだプレゼントに悔いはない。

そもそもプレゼントの価値なんてどうでもいい

それは相手が決めることだ。こちら側でとやかく言うことではない。私たちにできることは、相手のことを考えて喜びそうなアイテムを選ぶことだけだ。

プレゼントに対する反応に恐れる必要なんて何もない。本当に大切な友達なのであれば、プレゼントの中身くらいでゴタゴタもめることはない。失敗なんて時間が経てば笑い話に変わるし、それはそれでいい思い出になる。

少なくとも私にとっては、欲しい物を聞かれて貰った物よりも、相手が自分のために選んでくれた物の方が大切だと思っている。(どっちも嬉しいことは嬉しいけどね)

そのときは気付かなくても、時間が経てば気付くことだってある。

最後にもう一度だけ言っておきたいこと

プレゼントの価値は金額ではない。プレゼントの価値は自分の好みでは決まらない。プレゼントの価値は人気の高さではない。

決してプレゼントの価値を自分で計ることはできないし、自分にとって価値のある物が相手にとって価値のある物だとは限らない。

だったら自分なりに相手の喜びそうなプレゼントを考えて、真っ直ぐぶつけてみればいい。

本当の友達であれば、きっとそのプレゼントにその人なりの価値を見出してくれるだろう。

関連記事

ページ上部へ戻る